写真集は何のために出版して用途は?一般人が出すメリットや費用調査

芸能・エンタメ
スポンサーリンク
写真集って昔から出版されているけれど、今かんがえるとなんのためだったのだろう。
だいすきなファンの写真集だったり、グラビアアイドルだったり、出版している方は様々です。
みなさんは購入されたことがありますか?
購入後、どの写真集葉どうなっていますか?
最近誰もが簡単に出版することが多く感じる写真集ですが、一般人でも出すことができるんですね。
*この記事でわかること*
・写真集葉何のために出版するのか
・写真集の用途はなんなのか
・一般人が出版するメリットと費用
などのお話をしていきます。
スポンサーリンク

写真集は何のために出版して用途はなに?

写真集ときくと、男性が購入するもの、男性が見るものというイメージがありました。
ですが、今は女性も購入する時代で異性の写真集とも限らない時代に変化があるようです。
その時代の流れも見ていきます。

写真集は男性向けというのは一昔まえ

アイドルや女性タレント、グラビアアイドルの写真集をといえば、ターゲットは若い男性で水着や肌の露出に特化した内容でした。
さらには、その写真集の購入する男性たちには少しばかり冷ややかなイメージがついて回っていたように感じます。
そして、その写真集の切り口はアイ好きなタレントに的が絞られていました。

写真集が持つイメージに変化

近年の写真集には変化が見られます。
出版する側も購入する側にも男女という共通点が見られます。
一昔前の出版するのは女性で購入するのは男性。
これとは全く違い、男性が男性の写真集を購入するのも、女性が女性の写真集を購入するのも、なんら違和感なくほしい写真集だから購入する流れに変わってきています。
j実際、時代の変化はどの辺りから来ているのでしょうか。
違ってきているのは、写真集の幅が広がってきたということと考えられます。
幅が広がった部分として、受け入れやすさがあるようです。
写真集=肌の露出ではなくなっているということです。
現にいま活躍しているグラビアアイドルの方以外に、ファッション雑誌で活躍しているモデルさんたちもたくさんいます。
男性モデルもいれば肉体美を魅せる俳優さんなど、特にすべてが肌の露出に特化しておらず、日常を描き、見たことのない普段の私生活を押し出すというコンセプトの上に成り立つ写真集が多くなっています。
たとえば、女性なら”田中みな実さん”や元乃木坂メンバーの白石麻衣さんなどがそうですね。
created by Rinker
¥1,980 (2022/05/28 13:08:59時点 楽天市場調べ-詳細)
憧れの女性、なりたい女性の代表として素敵なワンシーンを丁寧に綴った写真集が、ファッション雑誌を見ているかのような仕上がりになっています。
ずいぶん前になりますが、筆者も女優(元アイドル)、宮沢りえさんの写真集を購入しています。
ファンでもあり憧れの女性として予約した覚えがあります。

写真集はファッション雑誌

ファッション雑誌のような写真集といえども、もちろんショーツ一枚なんてこともありますが、そこに河得られているのがやはりファッション雑誌感覚であるということです。

女優から経営者と変身した紗栄子さんの写真集などが分かりやすいかもしれません。

ファッションもメイクも女性の生き方も見事に女性のハートをわしづかみにした紗栄子さんが出版した写真集イベントは9割ちかくが女性たちでした。

全くエロさを感じない、さすがファッションリーダーという感覚です。

そんな写真集の在り方も少しずつ変わってきています。

写真集は特別感があり高級なもので一冊は購入したい、手元に置いておきたいものの感覚から、写真集のようで写真集でない安価で購入できる写真集も増えてきました。

写真集のメリット

一般的な写真集は、価格もそれなりでハードカバー&大型サイズで発行されるものが多いですし、紙の質も分厚くなっています。

予約販売されることが多く、ファンたちは手に取る日を待ち焦がれます。

近年は写真集とは違い手ごろな価格の写真集として販売がされ始めています。

安価で特別感があるムック本

”ムック”本をご存知ですか?

見た目は写真集のようなビジュアルですが、固く分厚い写真集と違い表紙がソフトカバーだったり、紙質も薄めに作られています。

こんなメリットがあります。

  1. 一般的な写真集より安価で発行・発売できる
  2. 若手の方も出版しやすい
  3. 増版しないので購入を急ぐ人が多く人気がある
  4. ISBNという永久欠番の13ケタの番号が付与されていて、世界に一冊のものとなる
  5. 販売期間の定めがない
  6. 読者が選択しやすい特化テーマである
この、ムック本として、直近では山口百恵さんの写真集を購入しました。
ファンであり、手元に持ちたいという気持ちで女性の写真集を購入しています。
正に、”山口百恵”さんの写真集はムック本になります。
ISBNコードがついています。
このように、発行する側も購入する側も特化したムック本を写真集感覚で扱うことができるのです。

電子書籍の写真集

保管の心配がなくどこでも楽しめる電子書籍がありますが、これに写真集も加え、手軽に購入することができる時代になりました。

大手の電子書籍でいうと、Amazonkindle、コミックシーモア、ebookjapanなど他にも多数あります。

画像の鮮明さが一番だとかクーポンや月額を重視するのか、メッセージのやり取りに重きをおくかなどなど、好みに合わせて楽しむことも可能です。

電子書籍の良いところは、写真集に限らす、電子書籍の良いところは、手元の保管に気遣うことなく、好きな時間に好きな場所で見ることができるということですね。

写真集にはお渡しイベントのメリットあり

SNSの世界は芸能人とファンの距離を近年近づけてくれます。
フォローすることでメッセージのやり取りや近況を知ることも可能です。
ですが、写真集を購入でおわることのないよう、ファンとの時間をSNS以外で共有したいと願います。
それが、写真集を購入するメリットです。
写真集で見るだけでなく、購入することで直接会えるというメリットを写真集にくわえるお渡し会(サイン会)などのチケットになるのです。
写真集ではありませんが、CDや出版本購入で握手会のチケットとしたAKBがその例です。

スポンサーリンク

写真集は何のためなのか一般人まで出版?

最近は、仕事柄に関係なく自費出版までして写真集を作られる方も増えています。

芸能人でもなく、仕事の関係でなくても出版する理由は何なのでしょうか。

自費となるとそれなりにかかる費用も気になります。

一般人の写真集のメリットはなに?

一般人の写真集=自費出版になります。

メリットは自分の世界観を世に発信できることでしょうか。

自分の世界観を本にして出版することにより、多くの人に見てもらうことができますね。

自分の作品としてが評価してもらうチャンスにもつながります。

今後、大きな夢がある方や今の自分を残しておきたいという方には良いのかもしれません。

ですが、先述のように自費出版はかなりの費用が掛かるのではないでしょうか。

一般人の写真集の費用はどれくらい?

メリットだけではいかない自費出版ですね。

多くの人は自己資金を使ったり、出版に対する補助金を利用したりします。

最近ではクラウドファンディングで出版にかかる資金を調達できることもあるようです。

ですが、書店などで販売できるレベルの写真集を自費出版するとなると、画像の鮮明度の配慮や安価な用紙の使用など気に掛ける部分も多く費用は高額が予想されるようです。
調べたところ、軽く100万以上はかかるとみるべきでしょう。
この費用が、今の自信の世界観を世に発表し夢をかなえるものとしての見合う対価なのか判断すべきところかもしれませんね。
スポンサーリンク

まとめ

写真集を出版するのはなんのためなのか、時代の変化で発行する側も購入する側の写真集に対するイメージも変わってきたことが分かりました。

ファッションやカリスマ的存在の方がファンに向けて手軽に出版し、男女関係なく手に取る時代になったようです。

自費出版する方も増え、自分を世に出したい、今の自分を残したい、これも自由に叶えることもできるということも分かりました。

出版するのは何のため?
今の写真集はありふれた日常をファッション感覚で知ってもらう、そして購入した側はより密な関係性を保つためのメリットもある。

ということかもしれません。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました