江口のりこはなぜ人気が出たのか!まさかの撮影もソロ活で幼き頃から?

何か少し世界観が違って見える人気女優の江口のりこさん。

江口のりこさんが出演する番組はなぜか不思議と面白いというイメージがないでしょうか?

キャラが個性的でなぜか病みつきになる人気ある女優さんですが、活躍が目立ってきた理由やその惹きつけられる魅力がどこから生まれているのか調べた内容をご紹介していきます。

目次

江口のりこはなぜ人気が出たのか?

江口のりこさんは19歳の時に上京し、江本明さんが主宰する劇団の研究生になったのが女優業の始まりでした。

もうこの時から既に頭角を現していたと言われていたとのことですから、今の活躍も頷けますよね。

江口のりこファンのSNSの声が熱い!

◆どのようなキャラクターも見事に笑いのツボを攻めてきますし、ドラマ内で見せたエスニカルやファンキー衣装も見事に着こなしたことも評判でした。

江口のりこさんのセリフ、演技、グッとくる。

江口のりこさんの演技も存在感も好き。

今の活躍も素晴らしいですが、以前からファンの方の声にあるように舞台でも活躍されています。

◆Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんの姉役で出演された、シアターコクーンの舞台でしたね。

◆演技以外のトークでも不思議なイメージを感じますし、感情を見えなさそうで薄まることものない存在感を持つ女優さんですので、こんな一面や素の優しいイメージを見てしまうと好きも大好きに爆発する気持ち賛同します。

江口のりこのあってこそ作品の存在感と魅力となる!

◆魅力について語るファンの方の声が多すぎて、伝えきれないほどでした。
ドラマに中には主役でないけど存在してこそ盛り上がったり、ドラマの展開が面白くなったりする重要人物がいますね。

きっと江口のりこさんは主であってもなくても、やはりいい味出す演者さんなのだと思います。

江口のりこさんの役が魅力的なのか、江口のりこさん自体が魅力的なのか…
江口のりこさんがやるからその役も作品も魅力的になる…。

「SUPER RICH」江口のりこの魅力という魅力が全部出てたんじゃないかと思う。あれ、江口のりこじゃなかったら見続けてなかった。

「江口のりこ」を一言で語れ。という貴方には、到底彼女の魅力が理解出来るはずは無い・・

江口のりこさんの魅力にきつけ惹られっぱなしで、沼とはこういうことなのかと。

◆「笑顔をみると幸せな気持ちになれる。」は俳優業の冥利に尽きるのではないでしょうか。

最近は忙しすぎて「誰か助けて!」というのはありますね。去年なんて、夜中に泣いたりしてましたもん

引用:女性自身より

◆こんな応援メッセージもありました。
とても個性的なドラマであの独特な世界観に引き込まれるのが癖になるのが分かります。

◆そんな中、やはり好評だった『ソロ活女子のススメ』が、『ソロ活女子のススメ2』になって戻ってきましたね!

新番組前や見直したい方はこちらがおススメ!

『ソロ活女子のススメ2』は
👇コチラからご覧いただけます👇

アマゾンプライムは30日間無料で体験で視聴できます

学生なら月額250円お試し視聴は6か月です

色気があり色白でスタイルがよい

【 容姿も好き!】

・この人何気に背が高くてスタイルいい
・色白で何気にスタイルいいよ
・黒革の手帖の時は何か色気あったし綺麗だと思ったよ

◆そうなんですね。江口さんはご存じのように身長170㎝と高いうえにスリムなので、モデルさんのようなスタイルでもあるのです。とても綺麗ですよね!!

台詞の間やテンポのインパクトが強い!

当たり前の台詞より、ボケや面白さを出すことの方が実は難しいのだと感じます。

次の台詞へ流す手前で台無しにしてしまうかもしれない重要なセリフだと思います。

テンポも表情もセリフの間も個性が光るものでよね。

神妙な場面でも面白くさせるポイントを知っている。

文字にすれば数文字くらいのとても短く淡々としたセリフなのに、長セリフに負けないくらいのインパクトがあり、その引き出しをたくさん持っている。

主役でなくても、たとえカッコ悪い役でも結局カッコよさに変わる魅力的な女優さんです。

◆こちらの中国人役の江口のりこさんもとても面白かった作品になります。

笑顔が少ない接客業をする江口のりこさんなのに、これほど面白い作品にさせてしまう演技力があるんですね。

◆2022年の大河ドラマ、『鎌倉殿の13人』の台詞が面白いと言われていますが、その中で江口のりこさんが演じる”亀の前”役でも、おもしろシーンが何度も出ています。

◆役柄もですが、セリフも面白かったですね。
この大河ドラマを見て江口のりこさんのファンになったという方の声もありました!

江口のりこがなぜ人気が継続してるのか!

先述のように、江口のりこさんは柄本明さんが主宰する劇団である『東京乾電池』の研究生からスタートしています。

柄本明さんといえば、大御所も大御所の俳優さんですが、その劇団に入って早々からすでに演技力に定評があったそうです。

徹底した役作りでどの作品も別人のようになりきる高い演技力がかわれていたといいます。

芝居にかける思いと信頼感は演技力の証

ドラマ『半沢直樹』の”白井亜希子議員”を演じた時彷彿とさせる姿、アナウンサー経験からの女性議員だったので、どう見ても立憲民主党の蓮舫さんを連想させられましたが半沢直樹相手にすごむことない役を演じていました。

この時に、味方であったはずで後ろ盾となる箕部啓治幹事長役の柄本明さんとも共演していましたね。

江口のりこさんの演技について、江本明さんは次のように語っています。

いいんじゃないですか
特にないですね。いつもどおり、普通にやってくれれば

引用:週刊女性PRIMEより

柄本明さんと言えば俳優さんの中でも大御所です。

そのような方からの言葉は信頼されている証でしょう。

それだけ、江口のりこさんの演技力は申し分ないということなのです。

そんな江口のりこさんは現在独身であまり女性としてのプライベートが見えてきません。

ここから、この芝居にかける思いと素の江口のりこさんについて見ていきます。

江口のりこは撮影中もソロ活で母との約束が力に?

『ソロ活女子のススメ』同様、、私生活の江口のりこさんも現在独身です。

この『ソロ活女子のススメ』のコラムニストは朝井麻由美さんです。

朝井麻由美さん自身が”ぼっち”と称して一人歩きを発信しているのですが、実は同じように江口のりこさんもソロ活タイプだったようです。

今はコロナ禍もあり、昔と比べればソロ活の方が多いかもしれませんが、江口のりこさんは以前からその傾向にあったようです。

撮影の合間もソロ活中!

江口のりこさんはとにかく芝居が大好きで役者の中でも生粋の役者魂の持ち主のようですね。

◆ドラマ撮影の中で見せる江口のりこさん!

・撮影の休憩中であっても他の出演者や子役などと会話することがない
・演技に集中しているのかずっと考え事をしている

撮影の合間の光景など、最近は俳優さんがSNSを通し和気あいあいな雰囲気を発信していることが多いですね。

で一般的に休憩時間や撮影後の合間は誰かしらと絡むことの方が多いのでしょうか?

それから見れば、間違いなくソロ活感が強いですね。

根っから周囲に影響されることのない完全なソロ活人間なのかもしれませんね。

◆役者のスイッチがOFFに見せる江口のりこさん!

・週一、夜一人でミックスフライ定食を黙々と食べて帰る
・女優オーラを感じさせず不思議な雰囲気を醸しだしている

外食時は、私たち一般人と違い何かしらオーラって出てしまうのが俳優さん。

どうしても目立ってしまいますよね。

これはまさに、自分の時間を邪魔されたくない生粋のソロ活タイプですね。

芝居に打ち込む源は幼少時代から続く母との関係?

今や多忙すぎる江口のりこさんですが、ここまでのブレイクまでは結構長い下積みがあります。

江口さん、実は双子で家も裕福ではなかったといい、兄弟たち同様に中卒なんですね。

現在、兵庫県から上京したお母様は占い師をされているようですが、江口さんは19歳で柄本明さんが座長の劇団研究生となり上京しています。

◆江口のりこさんが苦労と感じたか定かではないですが、こんな経験をし現在があるのです。

・15歳でアルバイトをはじめ自身で生計を立てていた
・演技の授業を受けながらの新聞配達員
・住み込みの風呂なし4畳半のアパートで生活
・無料で配られた朝ごはんの残りを分けてもらう超倹約生活

そんな中でも、江口のりこさんも俳優業で成功、ご兄弟の方は外国暮らしなど、それぞれが自立していることを知ると、家族の中で生まれた力や絆があるのではないかと感じます。

そして、お母様とも程よい距離感で干渉しあわない生活を送っているというのですから、若い頃から自らの力で成功させる力を持つ家庭環境があったようです。

そして下積みや今まで経験した苦労があるからこそ、芝居の中に生きる演技に惜しまぬ努力もあるのではないでしょうか。

その演技が私たちの心を掴んでいるのかもしれませんね。

人気に甘んじることなく、ソロ活と言われても自分磨きを忘れず努力し続けている賜物ですね。

江口のりこさんが何故人気があるのかではなく、江口のりこさんだからこそ人気があるのだという結論に至りますね。

江口のりこはなぜ人気が出たのか!まとめ

江口のりこさんがなぜここまで人気があるのか調べたことを紹介させて頂きました。

*江口のりこさんの人気の秘密*

演技と存在感にグッとくる
色白スタイル良しでカッコいい
作品の魅力=江口のりこさんの魅力
空気感やテンポなど間の取り方が絶妙
短いセリフでもインパクトがあるバリエーションが豊富
ドラマ内の存在感が大きい
カッコ悪い役でも結局カッコよさに変わる魅力

あげればもっと多くのことがあるのは確かですが、以上のことが分かりました。

これからもずっと活躍され、出来れば私生活のソロ活卒業し、さらに幸せになっていただきたいなと思いました。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

いろんな興味が湧いて止まりません。
前職は銀行員・保育や障害者介護関連の仕事に就き、コミュニケーションや会話力について学んでいます。

動物やDIYやフラワーアレンジメントにワクワク♡

子供のアトピー経験から肌を気遣うようになり、手作りで排除できるものを試行錯誤した時期が長かったことを生かした情報や、たくさんの興味深々な情報や皆さんの悩みのお手伝い情報を綴っていくブログになります。

コメント

コメントする

目次