美白化粧品は怖い?作用まる分かり・あなたの肌におすすめスキンケア!

美容
スポンサーリンク

美白アイテムは一年中、今や男女問わずそばにいてほしい存在、美容化粧品の代名詞ですね。

高級だから効果があるとも言い難く、プチプラだったり、DIYで好きなアロマも加えて手作りできたりする中、何を選択するのがベストなのか迷ってしまいます。

良いと言われるものを試して自分の肌に合わなかったり、強すぎて逆効果だったりと、美白化粧品は特に心配で怖くなることもあります。

娘がアトピーで長いこと模索している中で、美容にも関心を持つようになった私が、今回は、美白化粧品の何が怖いと言われているのかや実感できているスキンケアなど、これからの季節に尚更ピッタリのアイテムを紹介させていただきます。

スポンサーリンク

美白化粧品を怖がらずビタミンCの作用の事実を知る!

美白の言葉がつくものに、どうしてもアンテナを張り、手を出したくなるのは誰しも同じです。
そんな時、皆さんは美白の成分や効果をキチンと見て購入されていますか?

美白作用は怖くない・ビタミンCの意味と作用の事実を知ること!

※ビタミンCは水溶性でアスコルビン酸と表記され、自分が酸化することで、周りの酸化を抑制する役目をしてくれます。

ビタミンCのメリット!

体の中の細胞と細胞をつなげるコラーゲンを増加させ、シワたるみを防ぐ。
毛穴を引き締めたり皮脂抑制に期待できるので、ニキビ肌にも良い。
活性酸素を抑えるので老化防止になる。

ビタミンC、飲む塗布のデメリット!

 ビタミンCの過剰内服は急速に吸収されたとしても大半が排出されてしまう。
ビタミンCは皮膚からは吸収されにくい欠点がある。
 肌に塗布しても加熱や光、空気に触れると酸化する。

●ビタミンⅭでコラーゲン生成につなげ、たるみやシワ防止!
●ビタミンCで毛穴引き締めや美白につなげて老化防止!

美白化粧品・ビタミンCは何を選べばいい?

美白と言っても様々な使い方があり、どんな有効成分が入っているのか、過剰につけすぎていないかなど、肌に与える影響も考えなければなりません。

その美白の成分には、ビタミンCビタミンC誘導体があります、その違いは?

ビタミンC誘導体!

●ビタミンCが出来る手前の成分で、酵素の働きによってビタミンCへ変化するもの。
●ビタミンCのような即効性はなく、穏やかに働きかけるモノ。

自分 ぐるぐる

穏やかなんて言わないで、早く働きかけた方がいいに決まってるし、どっちもあると紛らわしいから、ビタミンCでいいんだけど...。

女医 こちら

ビタミンCは水溶性で酸化しやすく、肌に与える刺激は強いので、安定して化粧品に加えられる誘導体が出来たんですよ!

自分 ?

それなら、ビタミンC誘導体を使えばいいのね?

女医 こちら

知りたいのは、ビタミンC誘導体の選び方ですね?

美白化粧品を怖がらず、肌が求めるビタミンC誘導体をつかう

ビタミンC誘導体は3種類あります。
開発されたメーカーによっても名称が違ったりもするようで、似たような言葉を聞くのはそういうこともあるんですね。

では、浸透力を見ていきますね。

低い ➡ ➡ ➡ ➡ ➡ 高い
水溶性<脂溶性<両親媒性

①-1水溶性ビタミンC誘導体
●ローションやパック/即効性高いが浸透力や持続性はそれほど長くない。
●アスコルビルリン酸Na●リン酸アスコピルMg(APM)●リン酸アスコルビルアミノプロピル
①-2水溶性ビタミンC誘導体の中でも酵素反応で作用しない。
そのままビタミンCとしての働きをしてくれるので、即効性も持続性もある。
●3-O-エチルアスコルビン酸
②脂溶性ビタミンC誘導体=乳液・クリーム/即効性低いが浸透力や持続性がある。
●テトライソパルミチン酸アスコビル(VCIP)●ステアリン酸アスコルビル
●L-アスコルビン酸パルミチン酸エステル●テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
③両親媒性ビタミンC誘導体=水と油のどちらにも溶けやすい/浸透力が高い。
(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K

どのタイプに惹かれましたか?

化粧品と医薬部外品で美白とスキンケア・手にとるならどっち?

化粧品は手軽なスキンケア、医薬部外品はさらに手ごたえありそう!
と勝手ににニュアンスだけで感じてしまうトリックがあります。

医薬部外品ってスゴい!だろうなと思ってしまうのは当然と言えばそうかもしれません。
ですが、この違いは意外とそこまで気にするところでもないようです。

化粧品と医薬部外品の有効成分や配合量のこと、気にしたことありますか?

医薬部外品=良いに決まってる!!
ではありませんので、知っていただいて今後の参考にされてください。
既にご存じの方はスルーしてくださいね。

商品の裏側に記載してある成分って、最近はキチンと確認されている方も多いでしょうか。

 成分配合が多い順に記載されています。

美白成分〇%などのように記載があれば、「そっか、これだけ入っているんだ~。」などと確認できますが、そうとも限りませんよね。

こちらは医薬部外品で美白有効成分5%含まれています!

こちらは化粧品ですが美白有効成分6%含まれています!

と言われたら、どちらを選びたくなりますか?

医薬部外品は有効成分の配合量は5%までと決められているんですね。
逆に言えば、
化粧品の有効成分の配合量に定めは無いということなんです。

これは法律で決められたことなので、開発者次第ということになってしまうんでしょう...。

医薬部外品≠自身の肌への価値

大切なこと・・・今の自分に必要な成分をよく考えてとりいれていくこと!

スポンサーリンク

美白化粧品を怖がらずにスキンケア!

美白を怖がらず使っていくには、あれもこれも重ね塗りすることは禁物です。

作用に偏りがないように使用していきたいですね。

美白に作用させたいなら何派?

美白と言っても、スキンケアのアイテムあらゆるものに、何かしら美白と書かれるものが多く迷ってしまうものです。

アイテムも洗顔・美容液・ローション・パックなど様々です。

普段から取り入れたい方は洗顔・美容液・ローション。
簡単に週に数回のお手入れでケアしていきたい。

使い方もアイテムも迷ってしまいます。
それなら、一択で全て完璧に済ませたいという方もいるでしょう。

トータルケアで美白を叶えたい!

普段使いで美白に取り組むなら、自然なもので安心して使いたい。

でも、とりあえず自分に合うか試してみたい!という方にはこちら!

【美白】独自成分白花八草花木果エキスで透明感あふれる肌へ

まずはお試しからというのも安心ですね!!

ピンポイントで美白ケアしたい!

若いころの日焼けが原因だったり、車の運転が多くてガラス越しに受けた片側だけ気になる部分があるなど、顔全体ではないけれど、部分的に何とかしたい方も多いかもしれませんね。

肝斑で悩まれている方も多いかもしれませんね。
目元を見ると、両側に同じ場所に同じようなシミが出来ている。
女性にとっては大きな悩みで、毎日の鏡を見るたびに肩を落とし、外出や仕事のためにメイクするたび、時間も取られメイクも必然的に濃くなりがちです。

効果を感じるまでの時間は人それぞれ違います。
代謝が良い人もターンオーバーにかかる日数もそれぞれです。

それを考えた時、ピンポイントでお手入れするなら3か月は試してみたいものです。

続けられる方なら試してみるのも良いですね。
本気で悩まれている方は、数か月先や一年先を目指してみると良いでしょう。

オールインワンが簡単という方!

毎日のお手入れでこの先の予防として安心して過ごしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

シミが消えるなんて思ってない。とにかく今やらなきゃ増える一方だもん。

そんな方におすすめできるスキンケアアイテムはこちら~。

シミウス公式サイトを見る                                   

※30日間全額返金保証付き・初回で解約OK定期縛りなし≫≫≫

定期的に毛穴ケアと美白を手に入れるなら!

美白を求める理由は何でしたか?

最近、肌が黒ずんで見える気がする。

自分エプロン困った

シミができ始めたけど、長続きしないから時間がなくて...。

自分 ためいき

いくらお手入れしても白くなった気がしない。

理想の美白を実現したい方へ。『メイミーホワイト60(薬用)』

黒ずみくすみの原因は毛穴の汚れが原因とも言われています。
毛穴に潜む、美白の邪魔をする毛穴の汚れを吸着して除去してくれ、たった60秒の時短ケア!試してみるのも良いですね。

スポンサーリンク

美白化粧品は怖い?作用まる分かり・おすすめスキンケア!まとめ

ということで、まずは、美白化粧品とは何ぞや?何が良いの?というところからお伝えszせて頂きました。
肌質に合わせて使用できるものを選択し、使い続けてみることで初めて変化って分かると思いんですね。
美白化粧品を怖がらず、成分や自分に取り入れる意味を知って、綺麗になっていきましょう!

100均のフェイスパックは圧縮がヤバすぎ?シワが増えかねない恐ろしい話!でも、他のスキンケアについてお話させていただいています。関心をお持ちの方は是非ご覧ください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました