妻のつわりがうざいしイライラ?妊娠中寝てばかりと冷めかける前必読!

妻のつわりでしんどいのは分かるけど、最近うざいと感じる!

今までと違う妻の様子にイライラしてしまう旦那さんが多いようです。

つわりがしんどいことで家庭の中に影響が出てきてしまえばいい加減にしてほしい!ともなる気持ちは分かります。

でも愛する妻との間に生まれる子供を宿したことから起こっているつわりであることも知っていただきたいのです。

うざいなんで言わず、冷めかけそうになる前に、旦那さんにちょっとした考え方のポイントをまとめています。

目次

妻のつわりがうざいしイライラしてる?

妻のつわりがうざいだけでなく、妻にイライラ?

イライラしているのは旦那さんだけではありません。

奥さんのつわりのしんどさは、旦那さんに見えるしんどいオーラやアピール以上にしんどいのです。

だからといって「旦那なんだから分かってほしい!」という一言で済む簡単なことではありません!!

根本的なところ、妊娠前の妻の姿と変わりなく見えていても、お腹の中で一人の人間を作り上げているわけですから、奥さんの体の中は一分一秒メンテナンスされ続けている体調の変化に耐え続けているわけです。
止まることなくです!!

落ち着く暇もなく、メンテナンス終了したと思えば、赤ちゃんや体内の成長と共にまたメンテナンスが始まり、その繰り返しなのです。

二日酔いや片頭痛からくる吐き気などありますが、そんな辛さが絶えず起きてはおさまり起きてはおさまりを繰り返している自分を想像してみてください。

まさにこれ!

つわりがうざいと思われている以上に妻自身もイライラ!

気づくと奥さんは笑っているかと思えば、ぐったりしていたり急にカッとなったりしませんか?

優しく穏やかな性格だった妻がなぜ?と思うかもしれませんが、何も変わらず出産を終える方の方が少ないですよ。

例えば、女性なのだから、本当は髪を綺麗に整えたりメイクをしたり、家の片付けや好きな買い物に行ったりしたいはずなのです。

好きな食べ物が苦手になったり、何もかも受け付けなくなる妊婦さんの場合、体力消耗するうえ出来なくなったことばかりの自分に落ち込んでもいるわけです。

もし、とても綺麗好きで整理整頓が上手だった奥さんが全く掃除もせず片付けも疎かになっていたら、それだけしんどいということなのです。

これは一目瞭然ですよね。

毎日あたりまえに続けてこれた衣食住の中から、あれも!これも!と肌や匂いに敏感になり、つわりが襲ってくるのですから、どれだけ制御されているかを考えてあげてください。

つわりで食欲がわかず、これなら食べれるかも!と思っていたものが明日も食べれるとは限らないのが妊婦さんです。

たまにあっさりしたデザートを買ったりして食べ合うのも良いですし、もし今日は食べれないかも...となっても、そんな繰り返しが奥さんにとって嬉しい瞬間になるはずです。

もし食べることができなくても、せっかく買ってきたのに~とはならないでくださいね!

妻がつわりで寝てばかりだからうざいの?

残業して遅くに帰宅した旦那さんかもしれませんが、表面には見えなくても、奥さんは赤ちゃんを労わりながら不安な体調と共に過ごしているのです。

  • 帰宅した妻が速攻横になって夕飯の準備をしない。
  • 専業主婦なのに、夫が帰宅してみると毎日寝てばかり。

どの構図を想像しても、理由がなければぐーたら主婦と言われても仕方ありませんが、そうではありませんよね。

横になりたい、ちょっとだけでいいから寝たい、眠りたい。

これは妊婦の特徴でもあり、ぽわ~んとしているわけでも嘘をついてズルをしているわけでもありません。

二人の子供だけれど、代表して既に子育てしているわけで、産まれてからが子育てではなく、既に始まっているということを理解してあげてください。

帰宅した妻が寝てばかりだとうざく感じる前に、つわりを抱えながらの奥さんの一日の稼働量に対し声をかけてあげてください。

つわりでお互いがイライラしない簡単総菜の日

お惣菜というと少し悪いイメージもありますが、結婚以来まいにちがお惣菜ならまだしも、こんな時は使ってしまいましょう。

お料理がちょっとできるよ!という旦那さんは、担当を決めて協力するご飯づくりもアリですね。

今日もお疲れ様!もう少し休む?
何でもよかったら、俺作ってみようか?

うん、助かる!私はそんなに食べられないからお願いしてもいい?

このような言葉をかけられた奥さんはうれしくてたまらないはずです。

もちろん、こんな簡単にいかないこともありますね

すでに小さいお子さんがいる家庭なら、自分たちだけの流れで進みませんので、子供中心ということもあるでしょう。

そんな時は夕飯だけでもお惣菜物や宅配を利用するのもおすすめです。

野菜のカットも可能で子育て中のご家庭にも安心なヨシケイもありますね。

【栄養士の献立】ヨシケイお試しキャンペーン実施中!

料理が苦手な旦那さんには、お弁当を届けてくれるサービスもあります。

赤ちゃんが産まれたらそれはそれで忙しくなりますが、一生こんな日が続くわけでもありません。

赤ちゃんが産まれるにあたっての必要経費として、お互いがうざいやイライラでストレスをためない方法です。

我が家ではつわり時ではありませんでしたが、私が暫く不在になった1か月間、家族がラクなように利用していました。

子供が生まれてからの出費は思ったよりかかるものです。

手抜きだとか贅沢だとか考えてしまう方もいるかもしれませんが、家族の中でいがみ合ったり顔色を伺って生活するくらいなら、お互いのためにも赤ちゃんのためにも心地よい場を作る方が間違いなく精神的にも胎教にも良い方へ影響していきます。

つわりで美味しく食べれない時期に、せめて精神的にも楽ができる日を作ってあげることが笑顔を引き出せるコツということもあるのでは?

LINEで簡単購入!お惣菜の宅配サービス【おかずストック】は2週間ごとの配送がLINEで手配でき、忙しい中でも面倒なく注文可能です。

スキップ変更等も可能なので、お友達登録してみるのもおすすめです!

つわりで妻をうざいとイライラするくらいなら出来ることをやってみる

本来、女性は男性と違い、家事などあれもこれも同時進行で作業することが得意な生き物なので、つわりがなければこれもしたい、あれもしたいということが頭に浮かんでいるはずなのです。

それができない辛さを感じ取ってあげるだけでなく、やりたくてもできない奥さんがスッキリすることを一つずつ聞き出し完了するだけでも、お互いのモヤモヤが解決していきますよ!

何かやっておくことある?やっておくから何あったら言って~。

ありがとう!それなら、食器洗って洗濯して、洗濯物畳んで...。

もしかしたら、奥さんの口からは次から次と出てくるかもしれませんが、完璧に終わらなくても一日が終わらないわけでもなく、掃除をしないから明日が迎えられないわけでもありませんので優先順位だけ決めればOKですね。

週末や休日を利用しできることをしていくという決め事があるだけで奥さんも安心できるでしょう。

妻ができないことは夫が、二人で出来ることは一緒に!
この方が奥さんも気兼ねせず普段から頼みやすくなり、やらなくてはいけないというプレッシャーも軽くなりますね。

妊娠初期は特に、変わっていく環境の中、できない自分を責めるばかりに自暴自棄になりやすい時期でもありますので、優しく見守ってあげてくださいね。

妻のつわりがうざいと感じても発してはイケない言動は?

  • 休みだったんだからできたでしょ?
  • 妊娠って病気じゃないよね?
  • これくらいやれるよね?
  • この料理、味見した?
  • 寝過ぎじゃないの?
  • また寝てたの?
  • いつやるの?

つわりでやっと作った料理の味付けがイマイチの時もあるかもしれません。
簡単に出来ていたことも出来なくなることもあります。
たまっている片付けが捗らないこともあります。

  • 〇〇やってやったのに
  • 俺も仕事してんだけど
  • この間もやったんだけど
  • 俺だって疲れてるんだけど

やってやった感を出してしまったら、今までの感謝の気持ちが消えてしまいます。
夫は仕事、妻は既に子育て中、お互いに疲労があることを認識しましょう。

妻のつわりがうざいと冷めかける前に必読!

第一子妊娠のご家庭の場合、つわりの症状や妻の体調の変わり具合を感じるのも初めてかと思います。

このように考えてみてください!

  • つわりとはこんなもの
  • ず~っと続くわけではない
  • どの家庭もこの場を通過している
  • 数か月すれば奥さんに笑顔が戻る

奥さんはこれから数か月後、更に出産という喜びと同時に痛みも待っています。

せっかく生まれてくる赤ちゃんのためにも、一緒に協力し心地よく過ごせるようにしてあげたいですね。

妻のつわりがうざいしイライラ?まとめ

2人の子供が生まれてくるのに、妻のつわりがうざいだなんてかなり悲しい話。

そんな冷めかけたようなセリフが聞こえてこないように、つわりやお腹の中で既に始まっている子育て、声のかけ方などお話させて頂きました。

近い将来、あんな時もあったな~と思える日が来ますように!

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

いろんな興味が湧いて止まりません。
前職は銀行員・保育や障害者介護関連の仕事に就き、コミュニケーションや会話力について学んでいます。

動物やDIYやフラワーアレンジメントにワクワク♡

子供のアトピー経験から肌を気遣うようになり、手作りで排除できるものを試行錯誤した時期が長かったことを生かした情報や、たくさんの興味深々な情報や皆さんの悩みのお手伝い情報を綴っていくブログになります。

コメント

コメントする

目次