カエル対策!家で気を付ける6つのコツ!

季節
スポンサーリンク

夏の季語になる虫たちが増える夏。

ジメジメ後も暑い夏もこの問題気になります。

どこからともなく飛んで来たり、いつの間にか集まっていて驚くことも多々あります。

稲作時期になると聞こえてくるカエルの合唱と共に、我が家に毎年のように集まるカエル対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

我が家の玄関に集まる理由を考えてみた!

博士

我が家の立地条件はというと!

● 超!がつくほどの、ド田舎である。
● 山がすぐそこ!
● 車窓から見える風景は田畑だらけ。
● 玄関の前の庭は樹木が多い。(義父の趣味)
● フキもドクダミも共存する庭。(取り切れない広範囲)
● 夜間の玄関の明かりは朝まで点けていた。(不規則な時間帯の仕事を持つ家族のため)

フキやドクダミが生え広がる我が家には、きっと数えたくもないほどの生き物たちが潜んでいるはずで、食べても刈っても間に合わない!!

それに、カエルは周囲の色に合わせて自分の色を変えることができるらしく、きっと庭では緑色、畑では土色なんだろう...。(自然界によくある、保護色...スゴい。)

電球

カエルが寄ってくる原因とされるものをあげてみました。

▲ 田植え時期になると多く見かけるようになる。(吸盤で稲に上り害虫を食べる。)
▲ 草の茂みや雑木林など、緑が多い場所で過ごす。
▲ 4~8月が産卵時期。
▲ 小さな昆虫やクモを好む。(繁殖時期のオスは殆どエサを食べず、ジッとしている。)
▲吸盤でよじ登り、樹上を好む。

我が家に集まるカエルたちが陣取る場所は決まっていて、玄関の扉と窓ガラスとサッシ周辺。
これ、可愛く見えますが、実際は...。
裏側にいるカエルに気づかず触れることもあります。

何日も動かず、二階の窓ガラスに連泊しているカエルはもしかしたら繁殖前のオスカエルなのかもしれません。
見事なほどにカエルが喜びそうな立地条件の我が家です。

灯りに寄って来る昆虫などをエサにする、更に極め付きが蛇なんですね。
この周辺には、蛇も潜んでいるので、画像のように玄関でも上のほうに陣取っているのは、高さを利用し天敵から身を守っているのかもしれません。
実際、一瞬の隙間から入りこんだのかもしれませんが、玄関から一直線のお風呂脱衣所内に蛇がいたこともあって、それこそ夜中の悲鳴でご近所さんも何事かとΣ( ̄□ ̄|||)。
食物連鎖の世界、弱肉強食の世界、そうやって生物たちは回っているんですね。
スポンサーリンク

”我が家で試して効果があった対策4つ!”

実際、我が家で行っている対策です。

① 外灯はなるべく点けず、なるべく虫を寄せ付けない。
② 蚊取り線香を焚く。
③ 玄関や網戸に虫よけに効果のあるものを取り付ける。
④ カエルが好む水の環境を作らない為に、外の水道にあるバケツや周辺に雨水がたまらないようにする。

スポンサーリンク

”続けられなかった対策1つ!”

嫌がる効果はあっても、手間を考えると我が家向きではありませんでした。

⑤ カエルは水分を奪われるのが苦手なので、をカエルの皮膚にかけて水分を奪う。

スポンサーリンク

”意外にも効果が感じられない対策1つ!”

⑥ 天敵の蛇がいる事。
これは、極端なパターンですが、我が家の周辺には蛇が出ます。
それでも、天敵にお構いなく姿を現すカエルです。
そして、そのカエルは地面にいるのではなく、ある程度高さのある場所にいることが多いです。
スポンサーリンク

”100均アロマテープを貼り始めて1週間!”

100均に虫対策グッズ探しに行ったところ見つけたものです。
アロマテープの虫よけテープが売っていました。
単に、蚊に刺されやすい私は飛びついたのですが、帰宅し嗅いだ臭いに驚きました。
においを嗅がなきゃ、マスキングテープまんまなのですが、臭いと書いた方が良い感じの、かなり強いアロマ?でした。

実際、草むしりの時に貼ってみました。
作業中、紫外線対策している鼻先にも防虫の臭いは届いていたので、これだけの強さなら、このテープを玄関に貼り付けたらどうだろう?と思いつきました。

幅2㎝×長さ7m
植物精油:ユーカリ油、レモン油、シトロネラ油が成分。
効果は約8時間なので、ちょっとしたイベントに十分ですね。
7mもあるので、張り替えればOK★

8時間持続ということで、毎日交換になりますが、いろんなデザインがあったので、玄関の色合いにマッチするマスキングテープを選ぶとよいかもしれません。

 

こんな感じで、カエルたちがいつも張り付くあたりに貼っています。
暑くなってきたり、梅雨時期になると増えていくカエル。
外灯はつけていませんが、どうしても玄関先は害虫も多い我が家です。
なので、害虫対策としても貼っており、ちらほら見える虫も今までに比べ少ないように見えます。
カエルの数にも変インゲンでもキツ化があることを期待してる最中です。

素材によってははがれやすいかもしれませんが、人間でもそれなりに強烈な香り?臭いなので昆虫たちにも結構なものだと思います。

カエルは無毒?有毒?

手に乗せている映像なんかも見ますが、実際どうなんでしょうか。
気づかず触れてしまいそうになることもある私には大問題です。

Note

寄生虫がついていたり、蛇などの天敵から身を守るための毒素があるため、粘膜に触れないよう手洗いが必要となっていました。

スポンサーリンク

さいごに

カエルを寄せ付けない、家で気を付ける6つのコツ!をお伝えしました。

ご家庭によって、試せる対策は違ってくるかもしれませんが、カエルの多さに悩んでいる方は、出来ることから気を付けていきましょう!
我が家はアロマテープの虫よけテープもプラスした対策で乗り切っていこうと思っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました