長谷川成人氏は東京都医学総合研究所リーダー!出身大学や時実利彦記念賞まで

ノーベル賞候補として表彰する「引用栄誉賞」の受賞者が発表された東京都医学総合研究所の長谷川成人氏についてまとめています。

今期、時実利彦記念賞も受賞している長谷川成人氏は生理学・医学分野の研究者になります。

東京都医学総合研究所でプロジェクトリーダーとし幅広い研究をされている、2022年のノーベル賞発表前に長谷川成人氏についてまとめてみました。

この記事でわかること!
  • 長谷川成人氏の経歴などプロフィール
  • 長谷川成人氏の大学や当時の研究
  • 長谷川成人氏の過去受賞歴

この記事では、気になる2022年のノーベル賞発表前に長谷川成人氏についてまとめてみました。

目次

長谷川成人は東京都医学総合研究所に至るまでの大学研究や年齢は?

長谷川成人はせがわまさと

年齢(61歳)2022年9月時点

所属公益財団法人東京都医学総合研究所 脳・神経科学研究分野 分野長(参事研究員)学位

博士(医学)(1992年9月 東京大学)

研究分野

  1. ライフサイエンス / 神経内科学 /
  2. ライフサイエンス / 神経科学一般 /
  3. ライフサイエンス / 分子生物学 / 
高校卒業後、東京農工大へ進学
富山大学/生物学科
1986年筑波大学大学院修士課程へ進み環境科学研究科 修了/糸状菌のレクチンに対するモノクローナル抗体の作製で修士を取得
1988年東京都老人総合研究所/アルツハイマー病の研究に携わる
世界初、タウのリン酸化部位の同定に成功し博士号を取得
1992年博士(医学)(東京大学医学部 論文博士)
1993年東京大学医学部脳研究施設助手
1995年英国MRC分子生物学研究所に留学
1999年東京大学大学院薬学系研究科講師
2001年東京都精神医学総合研究所分子神経生物部門長
2011年財団法人東京都医学総合研究所 認知症・高次脳機能研究分野 病態細胞研究室長(参事研究員)
2016年東京都医学総合研究所 認知症・高次脳機能研究分野長 プロジェクトリーダー
2020年東京都医学総合研究所 脳・神経科学研究分野長 認知症プロジェクトリーダー
2022年時実利彦記念賞を受賞

大学卒業後、化学系企業に就職しますが、研究を諦められず2年半で退職し、認知症の研究に進まれます。

認知症の研究をするきっかけは、大学院時代の恩師からアルツハイマー病研究のパイオニアでもあった東京都老人総合研究所の井原康夫先生を紹介されたことだったそうです。

研究を始めると抗体作製や患者脳の解析を中心にした疾患研究に夢中になりながらも、同時に限界も感じ、そこで一年間理研に通いタンパク科学について学んだそうです。

そこでアルツハイマー患者脳からタウを精製や脱リン酸化前後で質量分析を行いリン酸化部位を突き止めたそうです。

その後、タウのリン酸化部位の同定に成功し博士号を取得しながらもタウをリン酸化して線維化する実験に取り組みましたがことごとく失敗に終わり、あるシンポジウムをきっかけにイギリスのケンブリッジ市にあるケンブリッジ大学内の英国MRC分子生物学研究所へ留学されたそうです。

研究所内にはすでにノーベル賞学者が何人もいて皆と同じように普通に研究していたことに驚いたそうです。

間近にノーベル賞学者がいることで、切磋琢磨する力も湧いたのではないでしょうか。

諦めずに研究を続けてきた結果、今回のようにノーベル医学・生理学賞の分野において候補となるまでの数多い研究結果と功績に繋がっているのですね。

長谷川成人氏の複数大学を時系列

東京農工大学
偏差値は50.0~70.0

高校卒業後に東京農工大へ進学していますが、興味を持てなかったという理由で半年で退学しています。

〒183-8538 東京都府中市晴見町3丁目8−1

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

いろんな興味が湧いて止まりません。
前職は銀行員・保育や障害者介護関連の仕事に就き、コミュニケーションや会話力について学んでいます。

動物やDIYやフラワーアレンジメントにワクワク♡

子供のアトピー経験から肌を気遣うようになり、手作りで排除できるものを試行錯誤した時期が長かったことを生かした情報や、たくさんの興味深々な情報や皆さんの悩みのお手伝い情報を綴っていくブログになります。

コメント

コメントする

目次