夏祭りを友達がドタキャンで重視すべきは?相手の言い訳や今後の対策!

季節
スポンサーリンク

楽しみにしてた夏祭りが一気に萎えてしまう友達からのドタキャン。

経験して受けるショックは大きいもの!

夏祭りに限ったことではないけれど、約束がドタキャンされるのは誰でも気持ちがいいことではありませんね。

それも親友と思っていた相手や友達だとしたら尚更です。

そんなとき悩まず対応していける対策や準備についてお話させて頂きます。

スポンサーリンク

夏祭りを友達がドタキャンで重視すべきは?

年に数回しかないだろう思い出MAXの夏祭り。

早くから予定を立てていたとしたら尚更ガッカリですよね。

これって、事情によってはお互い様ということもあるのではないでしょうか。

なので、まずは「ドタキャンじゃん!!」と感じたとしても、まずは冷静の友達がの事情を聞いてみましょう。

ドタキャンされてもまず冷静になろう!

「えっ??」、「嘘でしょう~~??」と思っても、冷静に理由を聞いてみましょう。

ドタキャンと感じてしまい速攻言葉を返す前に一呼吸置き、気まずい雰囲気にならにようにしたいですね。

直節話すよりLINEなどで返す言葉は勘違いされたり上手く伝わりにくいものです。

成人されている方や学生の方など友達の年齢にもよりますが、いろんな事情が考えられますね。

  • 急に家庭内の用事が出来てしまった
  • 急に仕事が入ってしまった
  • 学校の課題が終わらなかった
  • 交際相手と出かけることになった
  • 体調不良で外出が難しくなった
  • 無理に誘われ断れずにいたなんてことも...

など、パターンは沢山出てきそうです。

こんな事情もあるんですね!↓↓↓

そう、何を楽しみにして過ごしてきたか、結構ドタキャンは胸が痛くなるものです。

理由をキチンと聞きとろう!

自分にも起こりうる事情であれば納得せざる得ません。

ただ、ドタキャンと感じるからには納得しがたい理由などもあるのでしょう。

一般的にあり得ないと感じる理由やタイミング、今までの経過など様々な事情も入り組んでいたらイラっとしてしまうこともあるかもしれませんね。

ただ、言いたいことは暑かもしれませんが、まずはどんな理由でどんな言葉で事情を説明してくれるのか受けとめ、今後のお付き合いも考えるチャンスにしましょう。

夏祭りを友達がドタキャンするのは何回目?

夏祭りなどドタキャンされるのは初めてじゃない!

常習犯ともいえるほどドタキャンが多い友人だった場合、「また?」と感じるでしょうし、夏祭りにかぎらず、その特定の友達には日頃からドタキャンされがちなら不満が爆発してしまうかも。

ドタキャンすることや約束を守れないことが多い友達なら、約束ということに対して重みを感じることもなくお付き合いを軽視しているのかもしれませんね。

このとき、自分だけでなく周囲に目を向けて考えることも必要です。

その友人は、普段からほかの友達にも同じようにドタキャンすることが多いのでしょうか?

友達や周囲との関係性を考えるチャンス!

度重なるドタキャンを経験している友達であり、その度に何か思うことがあったり心を痛くしているのであれば、関係性を考え直した方が良いかもしれませんね。

楽しいはずのイベントがなにかと台無しになるようであればあなたらしく過ごすために、友人関係を見直した方が良いでしょう。

ドタキャンされた友達も含め常に行動を共にする仲間たちも誰かしらドタキャンするメンバー達であれば、お付き合いや約束ごとに同じような価値観を持っている仲間が集まっているといえるかもしれません。

それに気づいたあなたは自分とは違う何かを感じただけなのです。

約束が守れない友達やメンバーであるようなら、自分から誘うことを控えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

夏祭りを友達からドタキャンもイラつかない準備と心構え!

ここまでくれば、約束しても誰がドタキャンしがちか検討はついたと思います。

となれば、お付き合いを続けるか少しずつ距離を置いていくのかですね。

とはいえ、距離を置くなんて出来ないということであれば、今後の対策が必要ですね。

常識内の連絡と確認は必須!

ちなみにドタキャンってどの時点から言えること?

こんなことも考えてしまいますね。

受け取り方次第ですが、早くから決めていた約束だと待ちに待ったイベントをすっぽかされた感が強く感じていますね。

一般的に当日~2日間の間がドタキャンと感じるとも言われているようです。

当日に入る急用はどうしようもないことなので、せめて前日の確認はすべきでしょう。

前日と当日に行うべきこと!

今の時代、連絡方法が見つからなかったなどということは発生しないでしょう。

何かしらの手段で都合が悪くなったことを伝えることは当たり前の行為なので、約束した時点で友人の中での取り決めがあると良いですね。

関係性の中で大切なポイントは、気を遣わず言いやすい信頼関係が欲しいですね。

言いにくい、断りにくい...という関係性があると、前日に確認しておきながらも当日まで悩んでしまい断れずにいた、なんてこともあるかもしれません。

  1. 早めの約束だったときは前月に話題に上げ確かめる意思表示をしておく。
  2. 前日にも明日の予定をLINEなどで連絡し確認しあう。
  3. 当日、何かしら発生した諸事情があれば、分かった時点で誰かしらに連絡を取りあう。

本来、このようなことを言わなくてもドタキャン連絡なしなどは発生しないと願いたいですが、楽しい夏祭りにしたいとなれば、念には念でさらっと会話の中に入れ込んでいきたいですね。

事前準備してもドタキャン前提の心構え!

これだけやってもドタキャンがないとも限りません。

性格上、サラッとやってのけてしまう方もいるかもしれません。

これは友達付き合いをしていくのであれば覚悟の上で、もしかしたらまたドタキャンがあるかもしれないことを前提で予定や約束をしてく方が、あなたの心は楽になるはずです。

さらに言えば、ドタキャンされた時は別の友達を誘うことや別の仲間に混ぜてもらって夏祭りを楽しむのも、新しい出会いや友達の輪が広がるチャンスでもあります。

ドタキャンした友達のことで心を痛め、もし夏祭りのために浴衣を準備したり、何かしら時間をかけてきたことなども残念な形で終わらせるなんて勿体ないですね。

大きな心で、拘らず楽しむ方法を考えた方が夏の良い思い出になることは間違いありません。

スポンサーリンク

まとめ

ドタキャンされた友達への思い、せっかく楽しみにしていた夏祭りのドタキャンにどのように考えればよいのか、勝手な言い分にどう反応したらよいのかなど、気持ちが滅入ることのないような考え方の方向性のお話をさせて頂きました。

ドタキャンされることも今後の自分の行動の学びにもなるはずです。

友人関係を楽しく円滑にするためにも、何でも話しやすい関係性であることも大切なポイント。

是非、来年以降、アクシデントなく楽しい夏祭りになることを祈っています。

ここまでご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました