川村あんりプロフ出身調査!スキーの二重生活で両親祖父母や湯沢学園の関係は?

オリンピック
スポンサーリンク

上村愛子さん2世”とも呼ばれている、スキー競技(モーグル)川村あんり選手が、北京オリンピック出場内定が決まりました。

このように若くして実力をつけてきた川村あんり選手の出身から生い立ちなどのプロフィール、祖父やご両親などのご家族について調べてみました。

こちらで分かることは次の通りです!

稀に見る驚きの義務教育!
アスリートの影にはご両親!
川村あんり選手のプロフィールや戦績!

 

スポンサーリンク

川村あんりのプロフィール・出身は東京都!

川村あんり選手の出身と現在はこちら!

生年月日 ◆2004年10月15日(2022年1月時点:17歳)
出 身 地  ◆東京都東久留米市➡新潟県南魚沼郡湯沢町育ち
身    長   ◆156㎝
現    在   ◆日本体育大学桜華高等学校在学中

川村あんり選手は英語 英会話が堪能です!
海外での大会のインタビューにも流ちょうな対応し、
洋書もすらすら読みこなせちゃいます。

では、二重生活の話も出ていたので、生い立ちから調べてみました。

 川村あんりの幼稚園は?

豊島なでしこ幼稚園卒業

川村あんり選手は、3歳からスキーを始めています。きっかけは、新潟に住む祖父とスキー遊びをしたことからです。

祖父(母方)は新潟県南魚沼郡湯沢町でリゾートマンションを所有され、スキー愛好家の祖父母の影響もあり、遊びに行くとスキーを楽しんでいたようです。

そして、4歳からモーグルを始めたそうですがこういった挑戦で幼いころから雪と接し掴んだ体感が今を作っているのかもしれません。
恐怖心は全く感じず、楽しいという思いしかないそうです。

川村あんり選手は、この時期の思いを次のように話しています。

とくに、雪のある時期は遊びに行くのが楽しくて仕方なかったかもしれませんね。

第六小学校出身◆◆◆1.2学期の学び舎
この、1学期の学び舎の意味がはじめ分かりませんでしたが、次第に納得できました。
さすが、今やアスリートとなるべき川村あんり選手は、雪のない時期は地元、東京で過ごし、雪の降る時期の3学期は祖父の元へ行っていたというのです。
湯沢学園(小学校)◆◆◆3学期の学び舎
12月から翌年3月までの3学期冬場だけは祖父の近くに住み、湯沢学園(湯沢町立湯沢小学校)に通い、雪解けとともに地元東京の小学校に戻るという生活だったようです。
この湯沢学園はアスリートに特化しているわけではありませんが、小中一環で、スキーを体技とする体育向上を教育課題としていたようです。
もし、アスリートととして技術向上を学ぶのであれば、この学園はこのような選択には良い学び舎だったかもしれませんね。
競技に集中できる環境ですね!!
湯沢学園◆◆◆中学生活を送る
中学生の時に、完全に母と2人新潟へ完全に引っ越しされたそうです。
中学生活ではソフトテニス部にも所属し楽しんでいたようですね。

「チームジョックス」◆◆◆13歳でフリースタイルスキーのチームに所属。

「チームジョックス」は群馬県川場村の川場スキー場を拠点に20年以上ホームゲレンデにしているチームだそうです。
こちらのチームでモーグルを練習していたのではないでしょうか。

ちなみに、これだけ長く大好きなスキーとともに過ごした湯沢町を、東京より湯沢が家。自分は湯沢町民と話しています。

なぜこれほどまでに、義務教育の場を変えてまでスキーやモーグルの練習に励んできたのかも、何となくわかってきました。

川村あんりの両親は元アイスホッケー選手!

これを聞いたら頷けますね。

兄弟の情報は見つかりませんでしたので、ご両親との3人家族だと思われます。

アスリート魂は、何年経っても変わらないですね。
自分も経験してきた熱い思いは、娘の対しても変わらなかったようです。

川村あんり選手の父は元西武鉄道アイスホッケー部!

父:川村修一さん・年齢56歳(2022年1月現在)

「志高く競技に取り組んでほしい」

引用:ミライ☆モンスター

川村修一さんは東京に残り週末や年末年始だけ新潟で合流する、家族揃っての二重生活なわけですね。

川村あんり選手の母は元アイスホッケー選手!

母:川村綾子さん・年齢54歳(2022年1月現在)

「毎日楽しそうに滑っていたのでやらせてあげたいなって」

引用:ミライ☆モンスター

「中途半端になるより、冬は湯沢に滞在して、ずっとスキーをやろう」

引用:毎日新聞

お母様も、父親の影響でアイスホッケーを始められたそうですよ。

すごい、アスリート一家ですね😄

ここまで成長してくれた娘さんを誇りに思うご両親かもしれませんが、そのお2人の覚悟の力強い支えがあっての今、北京オリンピック出場、本当におめでとうございます!

川村あんりはハーフではなかった!

川村あんり選手、ハーフなの?という声もあったんですね。

出身やご両親が判明したことで、噂になっていたハーフではないことが分かりましたが、これを見ればそう感じてしまうかもしれませんね。

ゴーグルから見る川村あんり選手、ハーフに見えますね。
インタビューなどでも流暢な英語が聞かれることから、そのような噂が出たのかもしれませんね。

川村あんり選手の現在と戦績!

高校から再び都内い戻り、現在は日本体育大学桜華高等学校在学中です。

主な戦歴 ◆3位以上掲載
2018年 JOCジュニアオリンピックカップ 優勝
2018年 第89回宮様スキー⼤会国際競技会 2位
2019年 東海北陸フリースタイルスキー選⼿権⼤会 第1戦 2位
2019年 東海北陸フリースタイルスキー選⼿権⼤会 第2戦 2位
2019年 フリースタイルスキー秋⽥・⽥沢湖モーグル競技会 優勝
2020年 FISワールドカップRUKA(フィンランド)MO 2位
2020年 第40回全日本選手権フリースタイルスキーモーグル 優勝
2020年 FISワールドカップ Idre(スウェーデン)MO 2位
2020年 FISワールドカップ Idre(スウェーデン)DM 3位
2021年 FISワールドカップ DEER VALLEY(アメリカ)MO 2位
2021年 FISワールドカップ Idre(スウェーデン) MO 優勝
2021年 FISワールドカップ Alpe d’Huez(フランス) MO 2位
2022年 FISワールドカップ トランブラン・カナダ 優勝
2022年 FIS ワールドカップ ディアバレー・アメリカ 優勝

これら以外にも、海外における大会に数多く出場しており、受賞しています。

掲載しきれないほどの実力を持つ若きアスリート名のようで、改めて驚きました。
やはり、オリンピック選手です!!

先程の英語力ですが、これだけの海外経験があれば、若さと順応力で語学力もつけてきたのではないでしょうか。

北京オリンピックへの抱負と目標!

今シーズンからはいろいろな人の意見を聞いて新しいことにチャレンジして必要なものを取り入れていくという方針にしている。ネガティブになりそうになったら自分の滑りの良さなどを振り返ってポジティブに作り直す。そうしたことが競技にいい影響が出ている。

引用:NHK

「滑りも良くなって自信を持って滑れているので、すごく楽しみです」

引用:スポーツ報知

楽しんで滑るというのをしっかり出せば結果もついてくると思うので、まずはベストな滑りをするという目標で頑張りたい。初めてのオリンピックで金メダルをとりたい。

引用:NHK

スポンサーリンク

川村あんりプロフ出身調査!スキーの二重生活の真相まとめ

北京オリンピック出場内定が決まった、川村あんり選手の実力の真相を調べるために、出身から追ってみました。

アスリートを作り出した根源も分かりました。

スキー愛好家の祖父母の影響で3歳から始める
第六小学校(東京)/4月~11月
湯沢学園(新潟の小学校)/12月~3月
湯沢学園/母と2人で引っ越し、新潟で中学生活を送る
東京より湯沢が家。自分は湯沢町民と思っている。
両親は元アイスホッケー選手だった。
ハーフではないこともわかった。
現在は日本体育大学桜華高等学校在学中である。
川村あんり選手は英語が堪能だった。

以上のことが分かりました。

お調べしたいことにお役に立てたなら嬉しいです。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました